保温工事

main bottom

ホーム > 保温工事

単独保温工事で満足空間

単独保温工事で満足空間

保温工事は、保温材などで配管を守るための処置をすることです。配管を守るということは配管内を通る様々なモノの保護にも繋がります。

配管が天井に通っている場合、十分な保温工事がなされていないと水滴が漏れ、天井にシミをつくってしまうことにもなります。保温工事は、結露問題にも影響し、温度を一定に保つことで正常な空間を造ることに役立っているのです。

エア・キャリアでは保温工事単体でのご依頼も柔軟に対応させていただいております。ダクト工事や冷媒配管工事と合わせて施工することも、もちろん歓迎しておりますので、まずはご相談ください。

保温工事とは

保温工事とは、冷たいものを冷たい状態で、温かいものを温かいまま運ぶための工事です。空調設備や衛生設備などのダクトや配管に適切な保温工事をすることで、温度を保ち、結露や凍結などの問題を防ぐ効果を持たせます。
機器のもつ本来のエネルギーを正しく伝えることで、無駄なコストをカットし、省エネ効果にも貢献します。

保温工事とは

保温工事の特徴

保温工事は施工場所により、別な対応が必要となるデリケートな工事です。だからこそ、専門家として経験を積んできたエア・キャリアの技術が活きる工事でもあります。
保温が必要となるダクトなどにはあまり目が向きません。毎日使用する空調が徐々に劣化しても気付き難く、年に数回の定期的なメンテナンスが必要となります。エア・キャリアは専門家ならではの視点でメンテナンスから承っております。

御武蔵小杉駅前開発
空調ダクト工事

新横浜 マンション
冷媒配管工事

新横浜Rビル
空調ダクト工事

北新横浜 Y銀行本社ビル
空調ダクト工事

新横浜Nビル
保温工事

横浜市 某工場
排気ダクト工事

お問合せ